【TAAKK】
テーラード
ライダースパンツ
AJSS2020111

52,800円(税込)

 12
GREEN
COLOR
SIZE
購入数


【ITEM】
世界でもトップクラスの加工や織り技術に、
独創的でアーティスティックな着想眼を駆使する
森川拓野氏の
圧倒的なクリエーションが魅力のブランド、
TAAKKのテーラードライダースパンツです。

毎シーズンテーマを設けた
コンセプチュアルなデザインとなっていますが、
22AWのテーマは、
『歪さが誘う眩暈』。

様々な対象物が
歪んだ抽象画のように
溶け込み、入り混じった
グラフィックやデザインは、

テーマの名が指す通りに
眩暈を引き起こしてしまったのかと
思わされてしまうほど、
幻想的でアートフルに
それぞれのアイテムを昇華しています。

そのシーズンテーマの
デザイン性によって作られたこちらは、
ウールスラックスと
レザーパンツを掛け合わせた、
ルックでも非常に注目を浴びたアイテム。

上品な質感のウールベースの生地の上に
シンセティックレザーを
ペイントするかのように加工を施した、
TAAKKならではの独自の最新技術を駆使した、
驚きのマテリアルを使用。

サイドをペイントするかのように
切り替えていることで、
スラックス部とレザーパンツ部が
まだらに入り混じっており、
歪でアートフルなデザインに昇華。

飛び散ったかのような部分も
しっかりとレザーの質感となっており、
リアルで臨場感溢れるマテリアルとなっています。

レザー特有のシボ感や光沢を
しっかりと感じられ、
質感にも妥協がありません。

ウールの質感はやや起毛感がありつつも、
上品な生地感であることで、

クリーンな質感と
秋冬らしい季節感を両立し、
レザー部分とのコントラストも
際立たせています。

幅広のピークドラペルの仕様により、
どこか色気のある雰囲気を放っており、
無骨なライダースジャケットとのコントラストも
デザインのポイント。

シルエットもこのアイテムの魅力の一つ。

程よいフィット感の腰周りから
ワイドにフレアさせたシルエット構築で、
驚きの大胆なデザインに
迫力とグラマラスな雰囲気をプラス。

長すぎない丈感で穿きやすくも、
ナチュラルにスタイルアップすることも
非常に魅力的なシルエットと
なっています。

カジュアルな要素と
クリーンな雰囲気をどちらも
兼ね備えていることで、

ニットやスウェットで
ラフに合わせても良く、
ジャケットスタイルにもピッタリで、

アートフルなデザインで
個性を引き立てながらも
スタイリングを問わないことも魅力。

ワイドフレアシルエットによって、
シューズもボリューミーなものから
コンパクトなフォルムなものまで
幅広くカバー。

また、
セットアップのジャケットと合わせていただくと
レザーの部分が繋がるようになり、
より統一感を出して着ていただくことが出来ます。

これまでのTAAKKのラインナップの中でも
非常にキャラクターの立った、
新鮮味に溢れた一本となっており、

ファンならずともTAAKKを
お持ちでない方にも、
是非ご注目いただきたい
驚きの逸品です。

-TAAKKのアイテムは、
【北千住店】にてお取り扱いしております-

MADE IN JAPAN

SIZE(cm)
1/ ウェスト74〜90 ワタリ30 股上30.5 股下76 裾幅31
2/ ウェスト78〜94 ワタリ31 股上32 股下79 裾幅33

MATERIAL
WOOL 100%

LINING
CUPRA 100%