【CALMANTHOLOGY】
-A5994-
D.チャッカ
AJSS202034

132,000円(税込)

 UK6.5UK7UK7.5
BLACK132,000円(税込)
在庫なし
132,000円(税込)
在庫なし
COLOR
SIZE
購入数


【こちらのアイテムは、クーポン対象外となります。】

【ITEM】
"日本最高峰の既製靴を作る"
をコンセプトに
伝統や文化をもった
クラフトマンシップを大切に、

日本人ならではの
繊細なバランス感覚を纏った、
新たなスタンダードを提案する
レザーシューズブランド、
CALMANTHOLOGY(カルマンソロジー)の
-A5994- D.CHUKKAです。

チャッカブーツをベースに
紐通しの仕様をDリングにした、
70年代に見られたデザインを
ブランドらしく
美しく現代的に仕上げた、
こちらの一足。

チャッカブーツは羽根とベロの間に
隙間が出てきてしまうことが多く、
カンヌキ位置や紐穴位置で
調節をしていくところを

こちらは紐通しを一か所に
集中させることで
羽根の形で収まりを良くしており、
細やかな部分に趣向を凝らす、
CALMANTHOLOGYらしい美意識によって
成り立ったデザインとなっています

また、
トップのリングはブラスを使用しており、
きらびやかながらも重厚感を
より一層強くしており、
ミニマルな佇まいながらも
存在感を放つポイントに。

チャッカブーツの
カジュアルになり過ぎずに
ドレッシーにもなり過ぎない
絶妙な雰囲気を活かすように、

スマートさとボリューム感の
バランスを見事にとった木型も
非常に秀逸です。

羽根に膨らみを持たせ
覆い被せるようにすることで開きを抑え、
その分余計な距離が出てきてしまうところを、
カンヌキ位置をセットバックにすることで
甲のホールド感を向上。

これにより、
リングのみの着脱でも
安定感を保つことを可能にし、
履き心地の良さに磨きをかけています。

それだけに留まらず、
日本人に向け仕立てられた
確かなフィット感を兼ね備えた
素晴らしい仕上がりも特長。

底面にのみ生じたねじれによる、
指で踏み締めて立つという行為と、
踵から小指、親指に
円を描くように歩く、

ローリング歩行を推奨した
現代日本人の理想的な木型と

衝撃吸収性を確保した
機能性の高いソール設計によって、

長い時間履いていても
疲れることのない優れた歩行性と
長年の着用にも耐えうる耐久性能を
実現しています。

これらの履き心地の良さと
デザインの重厚感を更に増すように、
アウトソールにVIBRAM社の2648、
ヒールにCONTINENTALリフトを使用。

滑りにくい安定感のある履き心地と
質実剛健な印象をプラスしており、
こちらのモデルの雰囲気に見合った
ディテールワークとなっています。

レザーには、
仏デュプイ社のサドルカーフを使用。
(サドルカーフは、
エルメスでも採用されているレザー。)

絶妙な調合による
クロム+タンニンの
コンビネーション鞣しにより、

その特徴である
適度な銀先の堅さに、
下肢部分の柔軟性が備わり、

履きシワも含め、
エイジングが美しく出てくることが特徴の
デュプイ社の中でも最高級の皮革です。

カジュアルからクリーンなスタイルまで
幅広くカバーする
スタイリング性も魅力的で、
安定感のある履き心地も含めて、
よりデイリーに履いていただける
秀逸な一足となっています。

-CALMANTHOLOGYのアイテムは、
【千駄木店】にて取り扱っております-


(ご希望のサイズが完売の場合は、
ブランド側にストックの有無を確認いたしますので
お気軽にご相談くださいませ。)


LAST NO. 1508
HEEL. 15mm
BLK COW LEATHER
TOPLIFT / CONTINENTAL
OUTSOLE / VIBRAM 2648

※天然皮革を使用している為、
アッパーに小傷や小さなシワなどがある場合がございますが、
そちらは素材の特性となりますので、
あらかじめご理解くださいませ。

【size】
UK 6.5(24.5-25.0cm)
UK 7(25.0-25.5cm)
UK 7.5(25.5-26.0cm)

Width:E

グッドイヤーウェルト製法

MADE IN JAPAN

【MATERIAL】
COW LEATHER
(デュプイ社サドルカーフ)

【ご購入品のお手入れにつきまして】
当店スタッフの技術とサービスを保証として
できる限り長年美しくお召いただけるような
フォローアップ体制を築いております。

シューシャインやシューメンテナンス等、
ファーストケア、アフターケアは当店スタッフにお任せください。
保管方法やお手入れの仕方等もお気軽にご相談くださいませ。
(ケア、メンテナンスは基本的に無料。
専門的な修理が必要の場合は最低限のコストをいただきます。)